つかみかけた勝ちがするりと逃げていった。 2-0の八回裏。それまで散発5安打に抑えていた沖縄大のエース右腕、山城翼が西工大打線につかまった。 5安打を集中される打者一巡の猛攻に遭い、一挙5失点。山城は「相手の雰囲気にのまれた。投げ急いだかもしれない」と、前年覇者の底力を思い知らされた。