空手道の第55回西日本実業団選手権は24日、兵庫県のベイコム総合体育館で行われ、団体形決勝で沖縄電力B(名渡山秀子、宮里剛、又吉三男)が3-2で兵庫県警を下して頂点に立った。名渡山はマスターズ女子個人形にも出場し、決勝で具足恵子(東口不動産)を4-1で破って2連覇を飾った。

団体形で優勝した沖縄電力Bの(右から)宮里剛、名渡山秀子、又吉三男

 男子個人形の宮里剛(沖縄電機工業)は準決勝まで進み、杉元祐史(杉元製作所)に2-3で敗れて3位だった。