沖縄県出身のラッパー、唾奇(つばき)が県内外のイベントで活躍している。作り出す詩の数々が各シーンで「独特」「ナチュラルでハイ」と評価されている。「ふっと思いついたことを書いている」と沖縄と日本語にこだわり、沖縄を拠点にラップの発信に力を入れている。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。