辺野古問題は、米政府や議会内で“決着済み”という見方が広がっているが、翁長雄志知事の初訪米はその議論を再燃させる狙いがある。