沖縄県シークヮーサー消費推進協議会(会長・大城勉JAおきなわ理事長)は22日、青切シークヮーサーが旬の時期を迎えたことに合わせ、「シークヮーサーの日」の制定を宣言した。しまくとぅばでミカン類を「九年母(クニブ)」と呼ぶことから、語呂合わせで9月22日とした。サンエー那覇メインプレイスでは制定セレモニーとシークヮーサー関連商品の即売会が開かれた。

「シークヮーサーの日」関連イベントで商品を手に取る買い物客ら=22日、サンエー那覇メインプレイス

 セレモニーで、産地・大宜味村の宮城功光村長が「シークヮーサーの日」を高らかに宣言。大城会長は「生食用はさっぱりとした味とさわやかな香りが特徴でいろんな料理に活用でき、近年は加工品への展開も広がっている。シークヮーサーの日制定を機にさらなる消費拡大に期待したい」と話した。

 即売会ではジュースやポン酢、ケーキなどの加工品が販売され、買い物客や観光客らでにぎわった。

 シークヮーサーの濃縮還元ジュースを購入した那覇市の女性は「ドレッシングなどを日頃の料理に取り入れて毎日食べている。今日は安くなっているのでまとめて購入した」と話した。