名護市辺野古への新基地建設工事で、沖縄防衛局は26日午後、台風接近時に撤去されていたブイの再設置を進めた。目立った工事作業は確認できなかった。工事に反対する市民らはカヌーなどに乗り、海上の監視を続けた。

 米軍キャンプ・シュワブのゲート前には沖縄県内外から200人近くが訪れ、建設反対の声を上げた。