【うるま】聴覚障がい者向けに特化した施設としては県内初という就労支援のための作業所「あすなろの森」が市勝連南風原で活動を始めた。健常者との会話に困難を抱える聴覚障がい者が地域で孤立するのを避ける「居場所」としての役割もあり、14日には県幹部らが作業所を視察に訪れ施設側と意見交換した。