乳がんの早期発見・治療を呼び掛ける10月の「ピンクリボン月間」を前に、ピンクリボン沖縄実行委員会の玉城信光委員長、日本トランスオーシャン航空の金城清典取締役らが21日、那覇市内で会見し、今年から「ピンクリボン沖縄」の活動に沖縄地区JALグループが協賛することを発表した。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。