昨年10月、県内企業のホームページ(HP)が海外クレジットカード会社の偽HPとして何者かに改ざんされ、カード利用者が誤ってアクセスしていた事件があった。アクセス数は2日間で約10万件に上った。