2017年(平成29年) 12月16日

沖縄タイムス+プラス ニュース

沖尚、延長戦制し16強入り 高校野球・沖縄県秋季大会

 高校野球の第67回沖縄県秋季大会(主催・県高校野球連盟、共催・琉球放送、沖縄タイムス社)第7日は23日、北谷球場ほかで2回戦9試合を行い、沖縄尚学、糸満、具志川商業、中部商業、未来沖縄、知念、北山、読谷、宜野湾が16強入りした。

首里東―未来沖 未来沖6回の守り、安打で本塁を狙う首里東の二走・喜屋武元哉を沮止する未来沖の山城翔也(左)=北谷球場(古謝克公撮影)

 沖尚は2―2の延長十三回表、打者一巡の猛攻で一挙6点。先発左腕の知念大成が1人で投げぬき、那覇商業を8―2で破った。糸満は0―1の九回、3番大城勇稀、4番川満剛の適時打で3得点。宮古総実に3―1で逆転勝ちした。

 具商は2投手の継投で1失点に抑え、浦添商業に3―1で競り勝った。中部商は七回、西原に1点差とされたが、5―4で逃げ切った。未来沖は足を絡めて、序盤にリード。エース新垣龍希が完封し、首里東を3―0で下した。

 知念は沖縄カトリックを4安打に抑えて4―1で制した。北山は2併殺など堅い守備で4―0と零封。読谷は七回に4得点し、昭和薬大付に4―3で勝利。宜野湾は八重山商工に7―0で七回コールド勝ちした。

 第8日は24日、同球場ほかで残りの2回戦6試合を行い、16強が出そろう。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間