昔から栽培されてきた島野菜約130品目が、糸満市の県農業研究センターで栽培されている。「トウフマミ(大豆)」でも、油の量によって多ければ「タカアンダ」、低ければ「ヒクアンダ」。農家による名付けは愛着や生活を映す。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。