印刷業の尚生堂(與那覇正直社長)は21日、沖縄タイムス社の提供する「新聞の読み方講座」を沖縄県浦添市の本社で開いた。約30人の職員が参加し、新聞の効率的な読み方などを学んだ。

真剣な表情で紙面を読む受講者=21日、浦添市の尚生堂本社

 タイムス社読者局企画管理部の平良吉弥NIB担当が、見出しと前文を説明。この二つで記事が効率的に読めるとし「知識を増やして仕事や生活を豊かにしてほしい」と強調した。

 受講者はグループに別れて紙面を読み、気になった記事について議論した。独自開発した月桃液に、インフルエンザウイルスを不活性化させる効果があることを確認したという記事を選んだ、生産部の桶川健土さんは「もうすぐ子どもが産まれるので、自然なもので子どもを育てたいと家族で話していた。商品を詳しく調べてみたい」と話した。