サッカー明治安田生命J3は24日、各地で第24節が行われ、8位のFC琉球は秋田県のあきぎんスタジアムで3位のブラウブリッツ秋田と対戦し、2―1で勝利した。通算成績は9勝8分け6敗。

秋田―琉球 後半、自陣内でボールを競り合うDF藤澤典隆主将(右)=秋田市のあきぎんスタジアム(秋田魁新聞社提供)

 琉球は前半、FW前田央樹やMF田中恵太らがシュートを放つも得点には至らず。スコアレスで折り返した後半5分、前田がボレーシュートを右足で決めて先制点を奪った。さらに同25分、FW富所悠のPKで追加点。試合終了直前に秋田に1点を返されたが、逃げ切った。

 次戦は30日午後6時から県総合運動公園陸上競技場でセレッソ大阪U―23とぶつかる。