【名護】稲嶺進名護市長は27日午前、訪米を前に米軍キャンプ・シュワブのゲート前を訪れ、名護市辺野古の新基地建設に反対する市民らを激励した。

訪米前に米軍キャンプ・シュワブのゲート前を訪れ、あいさつする稲嶺進名護市長=27日午前、名護市辺野古

 稲嶺市長は「翁長雄志知事を先頭に訪米し、(新基地に反対する)本当の沖縄の姿をしっかり届けてくる」と決意を表明。「アメリカから戻るまで、皆さんに現場を預かっていただきたい。一緒に頑張ろう」と呼び掛けた。

 一方、名護市辺野古沖でも、新基地建設に反対する市民らによる監視活動が続いている。市民らのカヌー隊と海上保安庁のゴムボートがオイルフェンスを挟んで対峙(たいじ)しているが、目立ったトラブルや衝突はない。