沖縄県議会総務企画委員会(渡久地修委員長)は25日、「北朝鮮の弾道ミサイル発射等に対し毅然(きぜん)とした対処等を求める意見書」案を9月定例会に提案することを全会一致で決めた。代表質問初日の27日に提案する見通し。

沖縄県議会

 意見書案では、北朝鮮による度重なるミサイル発射や核実験が「国際社会のルールと秩序を踏みにじる挑発行為」と指摘。首相や外相、防衛相らに対し、①軍事的衝突を回避するために対話と圧力による解決を図ること②関係各国や国際機関と協調した外交交渉によること―を求めている。