オリオンビール(嘉手苅義男社長)は6月上旬から、オリオンサザンスター発売10周年記念・ケラマブルーデザイン缶を発売する。9月下旬までの期間限定で、25万ケース(350ミリリットル缶換算)の販売を見込んでいる。

サザンスターの発売10周年、ケラマブルーデザイン缶の発売をPRする宮里哲座間味村長、オリオンビールの宮里政一常務、松本好勝渡嘉敷村長(写真右から)=県庁記者会見室

 ケラマブルー缶は、慶良間諸島が国立公園に指定された昨年に続く発売。ザトウクジラなどが遊泳する様子が描かれ、ことしは発売10周年記念ロゴも入っている。

 シールを集めて応募するとビールサーバーや渡嘉敷村でのミニライブツアーが抽選で当たるキャンペーンも実施している。

 同社の宮里政一常務、渡嘉敷村の松本好勝村長、座間味村の宮里哲村長らが27日、県庁で会見し「商品を通して慶良間の観光資源、環境保全などをアピールしたい」と抱負を語った。