県外土砂の搬入規制条例案の策定を進める与党会派の検討作業が、大詰めを迎えている。仲井真弘多前知事の辺野古埋め立て承認前、沖縄防衛局は外来種対策に万全を期すとする一方で、頑として具体策を示さなかった。防衛局が承認前にした“約束”を、承認後どう守っていくのか。