那覇市松尾2丁目の工事現場で見つかった米国製50キロ爆弾1発の不発弾処理が23日午前、現場であり、無事に終了した。国際通りの一部を含む半径166メートルの区域は午前10時20分から、処理が完了した11時14分まで約1時間立ち入りが規制された。住民や観光客は避難し、ホテルや土産店などは一時休業。