【名護】名護市辺野古の新基地建設で、海底ボーリング調査用の大型作業船2隻が28日午前、米軍キャンプ・シュワブの海岸に接岸している様子が確認された。台風6号接近のため、10日に退避していた。近く作業を再開するものとみられる。新基地建設に反対する市民によると、午前5時20分ごろには大浦湾に到着していたという。

米軍キャンプ・シュワブ内の浜辺付近に停泊する海底ボーリング調査用の大型作業船=28日午前8時40分ごろ、名護市辺野古

 時折雨の降る中、シュワブのゲート前には同10時現在、市民ら約60人が抗議集会を開いている。