9秒でまるわかり!

  • 2012年7月、離陸前の中国機が許可なく滑走路に進入しトラブルに
  • 中国機が英語の指示を聞き間違え、管制官も復唱の誤りに気付かず
  • 管制官はスピーカーから聞いていたため、音声も不明瞭だった

 那覇空港で2012年7月、離陸前の中国東方航空機が待機指示を受けながら滑走路に誤進入したためエアアジア・ジャパン機が着陸をやり直したトラブルで、運輸安全委員会は28日、管制官の英語による「滑走路手前で待機」との指示を中国機が「滑走路に入って待機」と聞き間違え、管制官は指示通り理解されたと思い込んだことが原因などとする調査報告書を発表した。

 報告書などによると、同月5日午後1時25分ごろ、中国東方航空の上海行きエアバスA319が滑走路手前での待機指示を受けたが、許可無く滑走路に進入。管制官は、同じ滑走路への着陸許可が出て空港の北約5・6キロまで接近していたエアアジアのエアバスA320に着陸のやり直しを指示した。

 中国機には乗員乗客27人、飛行試験中のエアアジア機には乗員38人が搭乗していたが、両機とも負傷者や機体の損傷はなかった。

 報告書は、中国機の乗務員が聞き間違えた上、管制官は中国機からの復唱の誤りに気付かず確認と訂正を行わなかったことが原因と推定。管制官が、ヘッドセットを付けずにスピーカーから聞いていたため不明瞭な音声となったことや、指示通りに正しく復唱されたと思い込んだ可能性があるとした。

 このトラブル後、那覇空港事務所は、滑走路手前での待機を指示する際はできるだけ関連機の情報や指示の理由を伝えるなどの対策を取っているという。報告書を受け「真摯(しんし)に受け止め、今後は同じような事案が起きないように対策を進める」としている。