【宮古島】沖縄県宮古島署の瑞慶山力署長と宮古島地区交通安全協会の宮里敏男会長が20日、交通安全啓発の警察官型人形「宮古島まもる君」2体に異動辞令を交付した。伊良部大橋開通などで交通量の多くなった交差点への「配置換え」で、署員や交通ボランティア、保育園児が新天地に赴任する「まもる君」を激励した。

まもる君2体の異動について説明する瑞慶山力署長(右)=宮古島署

 宮古島署管内(多良間村を含む)には計20体の「まもる君」が設置されており、1991年から地域住民の交通安全を見守っている。今回はこのうち2体が比嘉入口から中休み交差点、大浦公民館前から伊良部大橋付近の松田整形外科前へとそれぞれ異動する。

 2体は長年の配置で塗装が薄くなったことなどから修繕。瑞慶山署長は「これからも宮古島地区全体の交通安全を守ってほしい。地域の皆さんも交通マナーをしっかり守ってもらい交通事故をゼロにしていこう」と呼び掛けた。

 交付式には署員が扮(ふん)した「リアルまもる君」も登場。「はじめは幽霊みたいな人形だとかいわれたが、ある時から人気が出てアイドルになることができました。新天地でも文句一つ言わずに頑張って市民を守っていくのでサポートよろしくお願いします」とあいさつした。

 「まもる君」2体は交付式後、トラックに運ばれ新たな配置先に向かった。