【森田のりえ通信員】北米沖縄県人会婦人部(山内繁子部長)はこのほど、ロサンゼルスから車で2時間半南下したカリフォルニア州最南端の街サンディエゴへ日帰り旅行をした=写真。メキシコ国境線まで車で20分。約40人が参加し、カリフォルニアの歴史に触れ、親睦を図った。

彫像と航空母艦をバックに記念撮影する山内繁子部長(左から2人目)ら=米サンディエゴ

 イタリア人漁師がつくった町リトル・イタリーは坂道が多く、赤、黄、緑に塗られた建物はいかにも南国風。

 さらにバスで海沿いを移動。係留されていた帆船「スター・オブ・インディア」は、1863年建造でイギリスとニュージーランドの貿易に使用されたという。その横に1945年建造の航空母艦USSミッドウェイの巨体がつながれている。建造から10年間、世界最大の船舶だったが、今は博物館になっている。

 散策で出会った高さ4・5メートルほどの水兵と女性の彫像は、第2次大戦終戦の報を聞いた水兵がそばにいた見ず知らずの女性に思わずキスして喜んだとのいわれがある。