【ホノルル28日=福元大輔】米ハワイ州を訪問中の翁長雄志知事は28日午前(日本時間29日午前)、ホノルル市内の連邦政府ビルで同州選出のブライアン・シャーツ上院議員と会談した。名護市辺野古の新基地建設について、シャーツ氏は「沖縄のメッセージは明確に受け取った。日米両政府が計画を覆すか分からないが、私のできることに全力を尽くす」と沖縄の立場に理解を見せた。会談後、翁長氏は「私の話を真摯(しんし)に聞き、力強い言葉を頂いた」と議員の姿勢を歓迎した。

シャーツ上院議員

 翁長氏は会談で、県民が反対する中で辺野古に新基地を造ることは不可能と強調。辺野古に新基地ができなければ日米同盟を揺るがす大きなリスクとなるため、沖縄の基地問題は日本の国内にとどまらず、米国も当事者として考えなければいけないと伝えた。

 シャーツ氏は上院歳出委員会で国防予算担当の小委員会に所属。問題がこじれていることに「直接聞くのは初めてで、書籍などを通して自分の考えてきたこととは違うものだった」と指摘し、「安全保障は地元のサポートが必要で、それがなければ普通はうまくいかない」と沖縄が反対する計画を強行することに懸念を示した。さらに「国防総省のどのレベルで意思決定しているかを早急に調べたい。沖縄と日米両政府が話し合うべきだ」と協力に前向きな姿勢を見せた。