名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブで26日、新基地建設に反対する市民ら約40人が工事車両用ゲート前で座り込んで抗議を続けた。

新基地建設反対を訴える市民を排除する機動隊員=26日午前8時50分すぎ、名護市、米軍キャンプ・シュワブゲート前

 午前9時ごろにはダンプカーやトラック計57台が基地内に入った。

 海上では午前9時からカヌー艇11隻と抗議船3隻が「違法工事は止めろ」と訴えた。シュワブ沿岸「N5」地区では沖縄防衛局が仮設道路の建設に伴い、採石が入った網袋をクレーンで積み上げる作業が続いた。