9秒でまるわかり!

  • 和泉首相補佐官とUSJの森岡氏が本部町の海洋博公園を視察した
  • 和泉補佐官は同公園を候補地の一つとし、規制改革の検討にも明言
  • 森岡氏は沖縄の観光資源を「日本最強」と評価、早めに決める方針

 米映画テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の運営会社が検討するテーマパークの沖縄進出に関連し、和泉洋人首相補佐官と同社の森岡毅マーケティング本部長らが30日、本部町の国営海洋博公園を視察した。安慶田光男副知事も同行した。和泉補佐官は同公園を候補地の一つだと明らかにする一方、建設地はUSJ側が最終的に決めると指摘。その上で「沖縄全体の発展にプラスになるなら(国営公園の)規制改革も検討したい」と述べ、国家戦略特区に指定されている沖縄の支援に前向きな意向を示した。

視察する安慶田副知事(左)、森岡本部長(左から3人目)、和泉首相補佐官(同4人目)=30日、本部町・国営海洋博公園

 政府関係者が海洋博公園を候補地の一つと明言したのは初めて。

 森岡氏は候補地について「絞り切っていない。非常に重要な段階なので具体的なコメントは差し控えたい」と明言を避けたが、「早ければ早いほどいい」と早期に決める考えを示した。

 沖縄の観光資源について森岡氏は「日本最強」と高く評価し、進出するテーマパークは「沖縄の自然を生かした形という方針に大きな変更はない」と明言。進出方法については「必要なインフラや周辺環境の整備は一企業で取り組むには難しい。地域や関係者からの支援がないと難しい」と語り、国営公園の規制緩和を含め求める方針を示した。

 一方、安慶田副知事は国家戦略特区について「国と相談してUSJがスムーズに沖縄に進出できるように取り組みたい。そのためには国にも便宜を図っていただきたい」と述べた。

 和泉補佐官らは同日午前11時すぎに海洋博公園に到着、沖縄美ら海水族館やエメラルドビーチ、熱帯ドリームセンターなど園内を約1時間かけて視察。関博之政策統括官や県職員らは引き続き名護市のネオパークオキナワも視察し、関氏は「県と連携しながら地域振興につながるよう政府として努力したい」と述べた。