【ホノルル・ワシントン=福元大輔】米ハワイ州を訪問中の翁長雄志知事は29日午前(日本時間30日午前)、祖父母が県出身の県系3世デービッド・イゲ州知事と、ホノルル市の州庁で会談した。会談でイゲ氏は、アジア太平洋地域の海兵隊分散移転で沖縄の海兵隊2700人のハワイ移駐計画に「日米両政府が決めれば、受け入れる」と理解を示した。非公開の会談後、翁長氏が明らかにした。一方、翁長氏は30日朝(日本時間同日夜)ワシントンに到着。「沖縄の現状と日米安保体制の在り方を訴えたい」と新基地反対の民意を訴える意欲を示した。

翁長雄志知事(左)と会談を終え、握手するハワイ州のデービッド・イゲ知事=29日午前、ホノルル市のハワイ州庁

 イゲ氏との会談で、翁長氏は名護市辺野古の新基地建設について沖縄の過重負担や沖縄戦時、戦後の土地接収の歴史などから反対の立場であることを説明。イゲ氏は「国と国との問題。ワシントンでしっかり伝えてください」と答えた。

 翁長氏はイゲ氏の言葉にはなかったものの「私の言っていることを同じウチナーンチュのルーツを持つ知事なので理解している表情だった。私が逆の立場でもそうした」とイゲ氏の姿勢を前向きに受け止めた。

 ハワイ州と沖縄県の姉妹都市締結30周年で、翁長氏は7月のハワイでの式典に再訪すると約束。10月の沖縄での式典に参加を求め、イゲ氏は「日程を調整している」と意欲を示した。また、5年前に調印した再生エネルギーの共同開発を継続することも確認した。

 5月17日にオアフ島のベローズ空軍基地で発生した海兵隊MV22オスプレイの墜落事故には言及がなかったという。

 イゲ氏は昨年11月の州知事選に初当選。沖縄からハワイへの第1回移民から115年後の同12月、県系人で初めての州知事に就任した。日系人の州知事では、1974年から86年まで3期務めたジョージ・アリヨシ氏以来2人目。