高校生スポーツの祭典、県高校総合体育大会第2日は30日、県内各地で24競技が行われた。全国高校総体「近畿総体」(7月28日~8月20日)や九州大会の切符を懸け、熱戦がスタートした。(24~26面に関連)

女子1500メートル予選で力走する選手=30日午前、沖縄市・県総合運動公園陸上競技場(金城健太撮影)

 先行開催を含む30競技に68校の9339人が出場する。沖縄市の県総合運動公園陸上競技場では陸上が行われ、30度を超える炎天下で選手たちがトラックを駆け抜けた。

 相撲団体は北部農林が初優勝。宮城陽(北部農)が個人無差別級を制し、団体と2冠を達成した。重量挙げ女子58キロ級は豊見城1年の具志堅莉奈がトータル150キロを挙げ、優勝した。大会は6月6日まで。