【名護】米軍普天間飛行場の返還に伴う名護市辺野古の新基地建設をめぐり、建設地に近い久辺3区(辺野古・豊原・久志)と政府が振興策を協議する懇談会の初会合が30日、市の辺野古交流プラザで開かれた。昨年9月に3区が求めた振興策に対し政府側は、米軍再編交付金による久辺3区コミュニティー基金の使途拡大や地元企業の受注機会の拡充などを提案した。会合は冒頭のみ報道陣に公開された。

政府関係者に久辺3区の要望を伝える嘉陽宗克・辺野古区長(右から2人目)=30日、名護市・辺野古交流プラザ

 懇談会には、地元側から久辺3区の区長のほか行政委員長や市議ら、政府側から防衛省地方協力局長や内閣府沖縄政策統括官、沖縄防衛局長らが出席した。

 辺野古区の嘉陽宗克区長は「行政が一体となって住民の不安の除去と生活の向上に取り組むことを強く要望する。懇談会は3区にとって大きな前進。要望事項を一つ一つ精査し、住民に見える形で進めてほしい」と要望した。

 沖縄防衛局の井上一徳局長は「3区と率直な意見交換を重ね、要望について、防衛省や内閣府、関係省庁で連携し、可能なものから速やかに実現するよう全力で取り組む」と応じた。

 3区は昨年9月、政府に振興策13項目を求めたが、具体的な回答はこれまでなかった。

 懇談会は年数回の定例会、3区からの要望に応じ随時臨時会を開く。懇談会で出された要望について、政府側は次回開催時に検討状況の結果を報告する方針。