米政府内で決定権を持つ局長級との会談で米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設断念を訴えたいとの翁長雄志知事の要請に対し、米国防総省は当初予定の日本部長から格上げし、副次官補代行での対応を決めた。沖縄側からの“冷遇”との批判を念頭に、一定の配慮をみせた形だ。