フィリピンに移民した県出身男性と現地女性の子で、太平洋戦争の混乱で同国に取り残された日本人2世の仲地リカルドさん(83)と岸本ヤス子さん(80)が26日、初めて来沖した。那覇空港で親族や支援者から迎えられた2人は「父の故郷を訪問でき、とてもうれしい」と笑顔で語った。