安倍晋三首相の衆院解散表明の記者会見にぶつけるように、小池百合子東京都知事が自身を代表とする国政新党「希望の党」の立ち上げを発表した。 自ら「選挙の顔」として前面に立ち、政権批判の受け皿であることを国民にアピールする狙いがあってのことだろう。希望の党旗揚げで選挙戦の構図は大きく変わろうとしている。