【伊江】JA伊江支店(崎原勲支店長)の5月牛競り市が15日、東江上の村家畜競り市場で開かれ=写真、村内外から約30人の購買者が参加した。昨年からの子牛価格の高騰は依然として続いている。

 雄子牛(去勢)1頭当たりの平均価格は64万2898円(261キロ)。最高価格は92万8800円(309キロ)で、1970年の同市場開設以来の高値を記録し、会場は拍手で湧いた。雌子牛は52万7945円(241キロ)、最高は65万1240円(289キロ)。今回の上場頭数は195頭、成立は193頭で売上金額は1億38万600円だった。