ハンセン病回復者の金城幸子さん(74)による著書「ハンセン病だった私は幸せ」(ボーダーインク)が、来年から使われる中学校の国語の教科書に取り上げられることが31日までに分かった。8歳で発症し、学校に行きたくても石や棒で追い払われた少女時代。