2年生主体の女子小禄が33年ぶり優勝を飾った。 決勝リーグは3戦全勝。一番のヤマ場だったリーグ初戦の那覇戦は、3年生を相手に「先鋒(せんぽう)、次鋒、大将をしっかり取れたのが大きい」と大浦勲監督。難敵を3-1で下すと、前原戦は5人全勝、興南戦も中堅が引き分けただけというほぼ完璧な内容だった。