男子団体は昨年準優勝の南風原が、14年ぶりの頂点に立った。 コザとの決勝は3-1の快勝だった。赤嶺靖監督は「向かってくる相手をはねのけることが、この大会の一つの目標だった」と強気で迎え撃った選手たちをたたえた。 第1複の上原尚仁・新里智司組は県高校新人ダブルス大会も制した最強ペア。