名護市辺野古の新基地建設で、阻止に向けた情報収集や対策、国との調整に特化して対応するため、沖縄県は1日、知事公室内に辺野古新基地建設問題対策課を設置した。浦崎唯昭副知事が同日午前、課に配属される職員に辞令を交付した。

浦崎副知事(手前)から、新設された辺野古新基地問題対策課への辞令交付を受ける職員ら=1日午前、県庁

 同課は知事公室の池田竹州基地防災統括監が課長を兼務し、知事公室、土木建築部、農林水産部、環境部の職員と名護市の職員1人を含めた計11人で組織する。

 浦崎副知事は「職員の力を結集し、辺野古に新基地は造らせない翁長県政の大きな公約ため、皆さんの努力をお願いしたい」と激励した。