高級洋菓子製造・販売のエーデルワイス沖縄(西原町、比屋根毅会長)は那覇市久茂地のタイムスビルで開店から100日目に当たる3日、新商品「紅芋のパウンド」を発売する。宮古島産の紅芋「ちゅら恋紅」を使ったパウンドケーキで、県産素材を使った「でいごむん」シリーズ。税込み1860円。

新発売の紅芋パウンドケーキ=那覇市久茂地のエーデルワイス沖縄

 生地に紅芋の粉末とゴマを混ぜてしっとり焼き上げ、上品な甘さの紅芋あんを詰めた。表面は紅芋粉末とヒラミレモン、粉糖を混ぜたものでコーティングし、色鮮やかに仕上げた。

 3~7日をオープン100日祭ウィークとし、期間中は毎日、商品の購入者から先着10人に「紅芋のパウンド」をプレゼント。カフェの利用者には試食を提供する。

 店長の倉松由紀美さんは「2月末の開店から3カ月余、多くの方に来店していただいた。感謝の気持ちを込め、今後もお客さまに愛される商品を提供していきたい」と話している。

 また、エーデルワイス(神戸市、比屋根会長)がデパートリウボウに出店したアンテノールも17~21日、同じく100日祭を企画。商品購入者・各日先着10人にアンテワーズ(4個入り)をプレゼントする。