【沖縄】5月28日に大腸がんで亡くなった俳優の今井雅之さん(享年54)が特攻隊を題材に、原作・脚本を手掛けた舞台「THE WINDS OF GOD」の千秋楽公演が31日、沖縄市民会館であった。ロビーに設けられた献花台では、多くの人が手を合わせて冥福を祈った。

俳優の今井雅之さんをしのび、献花台に手を合わせる観客たち=5月31日、沖縄市民会館

 観劇した豊見城市の藤解千紗さん(29)は「今を生き抜く生命力の強さを感じた。今井さんの思いが表れていて感慨深い」と話した。制作代表者の松本友介さん(56)によると、今井さんにとって特攻隊員が多く戦死した沖縄は「特別な地」。生前、「沖縄で舞台に絶対立ちたい」と強い気持ちを持っていたという。「生きる大切さを伝えようと(今井さんが)情熱を傾けた作品。長く応援してくれたファンに感謝したい」と話した。