【東京】沖縄防衛局が名護市辺野古の新基地建設で石材などの資材を海上からも搬入する方向で検討していることが27日分かった。現在100メートルまで延伸している大浦湾側の「K9」護岸先端に船を接岸させる計画。 防衛局はこれまで陸上から大型トラックで搬入していた。