ANAホールディングス(ANAHD、東京都港区、片野坂真哉社長)が1日、那覇市内に航空機整備の専門会社「MROJapan」を設立した。同日、片野坂社長が本社で会見し、発表した。

 同社は那覇空港を拠点に航空機整備事業を計画。9月から伊丹空港で事業を始め、県が那覇空港内で整備する航空機整備施設の完成後、拠点を移し、2017年度下期に沖縄で事業を始める予定。

 資本金1千万円をANAHDが100%出資して事業を始め、沖縄で事業が始まる際、資本金を10億円に増やし、ANAHD45%、ジャムコ25%、三菱重工20%、沖縄振興開発金融公庫、琉球銀行、沖縄銀行、沖縄海邦銀行、沖縄電力が各2%を出資する予定だ。

 事業内容はMRJ(三菱リージョナルジェット)を含むリージョナル機や小中型機の整備・重整備、機体のペイント作業。沖縄の事業開始時で約200人、最終的に約300人の雇用を見込む。

 片野坂社長は「着実に成長を遂げている沖縄貨物ハブと合わせてMROJapanを通じ、沖縄の地域振興、雇用の創出に貢献していきたい」と話した。