県高校総合体育大会第4日は1日、各地で13競技が行われた。ソフトボール女子は読谷がコザを5-0で下し、4年ぶり14度目の制覇。男子も読谷が具志川に3-2で競り勝ち、3年連続17度目の優勝を飾った。

 卓球の女子シングルスは玉城このみ(コザ)が伊野波桃香(普天間)を3-0で破り、大会史上3人目の3連覇を果たした。玉城はダブルスとの2冠。男子は宮里州(普天間)が田場祥樹(前原)を3-1で退け初優勝した。

 ソフトテニス個人男子は津嘉山駿・安谷陸組(那覇西)が頂点。女子は小牧万里波・宮平莉奈組(名護)が団体との2冠に輝いた。ともに初優勝。

 バスケットボール、バレーボールは4強が決定。ハンドボール男子は準決勝で興南が全国選抜3位の浦添を破り、コザとの決勝に進んだ。女子は那覇西、浦添が決勝進出。

 第5日は2日、10競技を行う。