【ワシントン1日=福元大輔】米軍普天間飛行場の早期返還と、名護市辺野古の新基地建設反対を直訴するため、ワシントンを訪れている翁長雄志知事と稲嶺進名護市長は1日朝(日本時間1日深夜)、米外交問題評議会(CFR)のシーラ・スミス日本担当上級研究員を訪ね、沖縄の現状を伝え、意見交換した。