【ワシントン1日=福元大輔】訪米中の翁長雄志知事は1日(日本時間2日)、いずれもシンクタンクで、米外交問題評議会(CFR)のシーラ・スミス上級研究員と、戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン上級副所長と相次いで面談した。面談は非公開で、県は2人の意向として内容を明かしていない。両氏は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を進めるべきだという立場で、厳しい意見が出たとみられる。

シーラ・スミス氏との会談を終えた翁長雄志知事(手前右から2人目)=1日、ワシントン

 両氏は対日関係の専門家で、沖縄の米軍基地問題に詳しい。翁長知事は記者団に「困難だが、このままではいけないと理解し合った」「意見交換は大切と確認した」などと話した。