オリオンビール(嘉手苅義男社長)が2日発表した2015年3月期決算は、14年7月に開業した「ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ」の売り上げが加わったことなどで売上高が前期比6・9%増の231億6800万円となった。経常利益は同ホテルの初期費用などを受けて29・7%減の18億1100万円。当期純利益はで2・9%減の15億3600万円となり、増収減益だった。

 役員は改選期だったが、嘉手苅社長ほか主要役員は留任した。