沖縄県の翁長雄志知事は29日の県議会(新里米吉議長)9月定例会の一般質問で、県出身歌手の安室奈美恵さん(40)に県民栄誉賞を授与する考えを示した。翁長知事は安室さんのデビューから25年間の国内外での活躍を「県民の誇り」とたたえ、「県民の皆さまは十二分に理解している。実績を踏まえ議論し、期待できるような形で物事が進むと思う」と県民の理解を得て、授与する方針を明らかにした。山川典二氏(沖縄・自民)の質問に答えた。

(資料写真)2000年7月、沖縄サミットで世界の首脳を前にイメージソング「NEVER END」を歌う安室奈美恵さん

 同じく引退を表明している県出身プロゴルファーの宮里藍さんとともに、「さみしく思うと同時に、引き際の鮮やかさが多くの方々に感動を与えたのではないか」とも語った。

 安室さんは今月20日、自身の公式サイトで来年9月16日に引退する意向を表明した。1992年にアイドルグループ「スーパーモンキーズ」のメンバーとしてデビュー。95年に「太陽のSEASON」でソロ活動を開始し、シングル「CAN YOU CELEBRATE?」は売り上げ200万枚、アルバム「SWEET 19 BLUES」は300万枚を超える大ヒットとなった。

 ファッションをまねた女性「アムラー」も社会現象となるなど国内外で人気を集めた。