衆院選沖縄選挙区は1〜4区に前職9人、新人3人の計12人が立候補を表明し、各区で激戦を展開する。全国的な争点に加え、名護市辺野古の新基地建設への対応などが問われる。 2014年の前回衆院選は、辺野古に反対する国政野党の「オール沖縄」勢力が自民候補などを破り1〜4区で全勝した。