新党「希望の党」代表の小池百合子東京都知事は、自民党の衆院議員時に沖縄担当相や防衛相を歴任するなど沖縄と関係があった。防衛相として米軍普天間飛行場の辺野古移設を推進し、環境影響評価(アセスメント)方法書の提出では、県や名護市が反発した。自民関係者は「小池氏は当時も今も辺野古推進派だ。