5年連続で同一カードとなった男子決勝は、興南が、第1シードのコザに13点差をつける圧勝劇で、11連覇を達成した。チーム最多の11得点を挙げた川上勝太主将は「どんなに攻められても粘って守るだけ」と冷静に振り返った。