衆院が28日解散された。「10月10日公示−22日投開票」の衆院選日程が正式に決まり、事実上選挙戦に突入した。 共同通信社の最新の世論調査で明らかなように、この時期の衆院解散には64・3%が反対している。 臨時国会を召集しながら代表質問も予算委員会審議も行わず、冒頭解散したのはなぜか。