沖縄県が生活困窮世帯の高校3年生を対象に学習塾の授業料や教材費などすべてを支給する「大学等進学支援事業」の募集が始まっている。9日まで。

 事業は昨年に続いて2年目だが、期間は夏休みを含んで2カ月余りに延び、那覇市だけだった教室は沖縄市が追加された。募集人員は倍増の40人程度に拡充される。

 対象は児童扶養手当の受給や住民税非課税の世帯、里親への委託や児童養護施設などに入所する高校3年生。

 那覇市泊の那覇尚学院と沖縄市上地の沖縄尚学院で、6月15日から来年3月末日まで授業や進学相談などが受けられる。

 昨年度は21人が受講。大学に15人、専門学校に2人が合格した。進学率は約81%だった。

 申込者の成績や学習状況、生徒・保護者の面談を経て11日に受講生を決定する。問い合わせは那覇尚学院、電話098(867)3515。